第6回 鎌倉プチロックフェスティバル、無事終了しました。お天気はいまひとつでしたが、最後までもちこたえてくれてよかったです。天気予報も冴えなかったので午前中は人もまばらでしたが、お昼過ぎあたりからたくさんの人が遊びに来てくれました。ありがとうございました。
 

今回から実行委員会は新たな試みを二つほど始めたのですがお気づきでしょうか?

ひとつはゴミステーションの設置です。終了後のゴミの分別が大変なので、あらかじめお客さんに協力してもらおうという試みですが、とてもうまくいったようです。皆さん、ご協力ありがとうございました。

 

ふたつめは各ステージに設置したウクレレの協賛箱です。小さくて説明も少なかったのでわかりにくかったですね。ミュージシャンへの投げ銭だと思われた人も多かったようです。

 

ご存知の通りKPRFは入場無料なので、全ての経費を協賛金で賄っています。協賛金が多いほどイベントは充実したものとなるわけですが、いつも遊びに来てくださるお客さんにもお願いしてみようということで今回始めてみました。お金を入れてくださった皆さん、ありがとうございました。大変助かります。今後もこのイベントを続けていくためにご協力いただければありがたいです。ポケットに余ってる小銭とか、お買い物したときのお釣りとかで構いませんので、かわいいウクレレにチャリンとしてくださると嬉しいです。ウクレレの下にお礼のプチロックステッカーが置いてありますので、ご協賛の証としてお持ちください。
 

あくまでも運営側目線ですが、Vol.6はそういった新しい試みもあって、また少し成長できたかなと思っています。ミュージシャンとお客さんの距離もさらに近づいてきました。プチロックの愉しみ方をわかってださるお客さんが増えてきたのが何より嬉しいですね。

 

最後になりましたが、今回ご協賛くださったスポンサー、サポーターの皆さま、ありがとうございました。このイベントを開催できるのは皆さまのおかげです。宣伝や運営に協力してくださった皆さまもありがとうございました。いつも快く出演してくれるミュージシャンの皆さんもありがとうございました。過酷な現場での演奏、お疲れさまでした。そしてスタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。今回のVol.6に関わってくださったすべての人に感謝いたします。


また来年5月のVol.7でお会いしましょう。

 KPRF実行委員会


鎌倉プチロックフェスティバル Vol.6  2019年11月3日(日)


「鎌倉プチロックフェスティバル」とは、2014年から始まった”電気を使わない屋外ライブ音楽祭”です。

ブランド化、キャラクター化された消費文化としての音楽ではなく、音楽そのものをもっと純粋に身近に体験できる場所を作り、たくさんの人に音楽に対する興味を深めてほしいという想いから生まれた企画です。

このフェスでは多数のアーティストがそれぞれのサイトで同時にアンプラグドライブを行います。電気を使わないのは、省エネ等の理由からではなく、有名無名を問わず、良い演奏をできるだけ近くで聴いてもらいたいからです。音楽職人たちの技や手元をまじかで見てほしいのです。ステージや柵などがないのは、聴こえなくても自分から聴こえるところまで近づいて感じてほしいからです。

入場無料なので、お散歩中の地元の人や、音楽好きの人、観光で来ている人、子供たちなど、どんな人でも気軽に立ち寄って生の音楽を楽しめます。

 

音楽との付き合い方は人それぞれですが、歌を歌ったり、楽器を演奏したりすることは、文章を書いたり、絵を描いたり、喋ったりすることと同じように自分を表現する方法の一つです。プロを目指してほしいというわけではなく、そういう方法もあるということをこのフェスでたくさんの人たち、特に子供たちに広めたいです。一人でも仲間とでもいいから音楽の愉しさを体験してほしいです。

そしていつか、鎌倉が音楽の盛んな街になることを願ってこのフェスを続けていきたいと思います。

会場は由比ヶ浜海浜公園。海の潮風を感じながら生の音楽を楽しんでください。

また、会場にはスポンサーの方々の飲食店や物販店が立ち並び、音楽以外にも飲んだり、食べたり、買い物したりといろいろ楽しめるイベントです。



鎌倉地区に限らず、広く活躍している、個性的なアーティストが気持ちのいい芝生の上で演奏して歌います。

飲食店や洋服屋、アーティストまでバラエティ豊かなお店がたくさん並びます。

音楽と潮風を感じながら、楽しく食事やお買い物を楽しんでください。

2019年11月3日(日)

鎌倉由比ヶ浜海浜公園で開催。

詳しくはこちらからご確認ください。


鎌倉プチロックフェスティバルを応援してくれる個人のみなさんからの協賛金を募集しております。

詳しくはこちらから!